<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

第四回2MC松島クラス会(3)

 2013年5月14日 塩釜神社にて
c0126271_10383030.jpg

本来の塩釜という漢字は、ものすごく字角数が多くて難しい文字である
巳年大祭の大きな絵馬がありました。ソネさんがひょっこり現れて驚いた。
今年は八方塞りの厄年だとか。
モアイ夫人には塩釜の釜を拝観したかったのですね。申し訳なし。
c0126271_10311828.jpg

神社の庭園にて
c0126271_1112982.jpg

式年遷宮行事のために本殿がみられなかったのは残念
c0126271_116244.jpg


本殿の階段下には「皇族下車位置」という真新しい看板がでてました。
最終下見の時にはなかったものです。
その下見時に幹事長も要求したのですが、そういう要望が多いので、皇族でも車はここまでですとしたのでしょう。


c0126271_11574630.jpg

[PR]

by tettan2mc | 2013-05-28 10:40  

第四回2MC松島クラス会(2)

ボケない小唄 ・・・ さあ みなさん 歌ってみましょう!!



watariさんの (1)は ボケます小唄、これは ボケない 歌詞だそうです。
下記に1番のみ 太字にて。

   1. ♪風邪もひかずに 転ばずに
     笑い忘れず よくしゃべり
      頭と足腰 使う人
     元気ある人 ボケません ♪ !




Mr Karaoke-san の もうひとつ





懐かし時代の ギタリスト  





なんとも この人の 演説聞かねば 出席の意味が・・・




皆さん  楽しかったですね  !!

幹事さん 有難うございました。         by  morikou
[PR]

by tettan2mc | 2013-05-23 17:45  

第四回2MC松島クラス会(1)

 2013年5月14、15日  於:松島「絶景の館」ホテル  参加者計20名
(書き始めてますが何分にも映像データ不足です。皆さんどんどん追加願います)
c0126271_15334522.png

従来からの高岡夫妻に加え、今回はモアイ夫妻、ダイチャン夫妻が加わりご婦人3名のご参加です。

下は、上記写真のカメラマンをしたので抜けてたコンジョウさんが入った写真です。
watari幹事の不手際にて折角の記念写真がおかしなものとなってしまいました。
c0126271_1835340.png

中央には、松島瑞巌寺開祖上人の如きお姿のmorikou幹事長代表です。2mcの我らをここまで導いてくれました。(心底そのように思っているのです)

4級家事士のナベちゃん。人生って何なのでしょうかね。
c0126271_20553013.png


50年前の「千草」やとソネさん。何も変っとらんとトウサン。
c0126271_20592140.png


酒は何と言ったって日本酒でなきゃダメですよ、と正昭さん。
c0126271_214338.png



カメチャンより、参加者に一組づつと送られた陶芸品。北海道の時と比べたら格段の進歩だなとショウスケさん、これぞ信楽焼だ。とみなさんにわか目利きになったみたい。
c0126271_2175468.png


軸足をもう日本に移しちょるよ:ダイチャン
石造に劣らず、いい顔してるねモアイさん
女房は大事にしなきゃならん:ネコさん
c0126271_12125964.png


高岡さんが持参した「ボケます」小唄を全員で合唱
(お座敷小唄の曲で歌います)
1.何もしないで ぼんやりと
  テレビばかりを見ていると
  のんきのようでも歳をとり
  いつか知らずにぼけますよ

2.仲間がいないで一人だけ
  いつもすることない人は
  夢も希望も逃げてゆき
  歳をとらずにボケますよ
  
3.お酒も旅行も嫌いです
  歌も踊りも大嫌い
  お金とストレス貯める人
  人の二倍もボケますよ 

高岡さんご夫妻は、これとは逆の「ボケない小唄」というのがありそれを実践されているのでお若い。

今回は不肖幹事の不手際もあり、諸処のご心配ご不安をかけてしまいました。
・空港から通行禁止の道路を無理矢理通過して同乗者にはヒヤヒヤさせました。
 運転下手でおかしな左折をしてみたり。
・瑞巌寺前では高岡さんご夫妻に不安な思いをさせてしまいました。
[PR]

by tettan2mc | 2013-05-18 17:56  

最終案内です

 出発ロビーでの放送みたいなものです。

 12日のNHK俳句です。選者の小沢さんに次の如き句がありました。
    鉄鉄鉄秋日鉄鉄塔となす

 東京タワーを詠んだもの。クラス会にふさわしいものなので転載いたしました。

 話は異なりますが皇太子のオランダに次ぐ訪問先が「スペイン」と決まりました。修好400年を記念したものだとか。

  下記に紹介するサンファン館は現在休館中ですが松島関連事項として記載致しました。


 支倉常長が乗船したサンファンバウチェスタ号が石巻を出発したのが1613年ですから400年前です。その復元船が津波も耐えて残りました。

 1613年の前年あたりからスペイン(当時はイスパニア)との交流が始まっております。三浦半島沖で遭難大破した、フィリピン総督を乗せたスペイン船を徳川家康が救助して新船を建造して故国へ送り届けたのです。
 その返礼にと、スペイン領だったメキシコからビスカイノ総督がやってきて、家康に機械式の時計を献上したのです。(静岡の東照宮に保管)

 ビスカイノは、日本にあるとされていた三陸沖の金銀島探索もスペイン皇帝から命じられていたのです。銀は石見銀山のものが大量に出回っていたので、欧州では日本の金も現実味を持たれていたのです。
 そんなことはおくびにも出さずに、沿岸の測量をさせてほしいと伊達政宗の許可も得て、三陸海岸を探査中に1611年10月28日に大津波に襲われたのです。今回の大震災の丁度400年前のことですから不思議なことがあるものです。その記録がきちんと歴史資料としてスペインに残っていたのでした。これまで今次震災が起こるまでは誰も注目したことがなかったそうです。
 伊達家より随行した小舟2隻は、陸地に激突したが、スペイン船は無事だったということです。
 (不思議なことに金華山という島は昔から存在しているのです)

 徳川家康は再び新船を建造してビスカイノ帰国の船出をしたのですが、房総沖で難破してしまいました。それを引き取ったのが伊達政宗だったのです。(当初は幕府自体が交易を考えていたとのフシもある)
 そんなことがサンファン記念館に書かれていると思います。

 甚大なる津波被害を受けた仙台藩、政宗が、震災復興資金を得るために交易をやらせてくれと、家康に頼み込んだと解釈するのが、仙台の歴史の大家と言われる前博物館長の方です。今やその説がきわめて有力視されているのです。初回交易品として千個の荷駄が積まれたそうなのです。
[PR]

by tettan2mc | 2013-05-12 17:28  

るーぷる仙台バス

 もっとも手軽で便利な仙台観光が「るーぷる仙台」バスなのです。簡単に紹介しておきます。

 仙台駅西口のバスターミナルから30分間隔で、レトロなバスが出発しています。
 料金は600円で何度でも乗り降りができます。だまってそのまま乗っていると、15か所の観光地のバス停龍所を回って70分後には、元の仙台駅に着いてしまいます。
パンフレットの表紙を載せておきます。
c0126271_2092632.png
 観光したい停留所で降りて見学が終わったら、そのバス停で、次のバスを待てばよいのです。
お勧めの見どころは、4番目の停留所の伊達政宗の霊廟所である「瑞鳳殿」かと思います。いつでしたか名古屋の観光客もいて、尾張の殿様だって、こんなには立派なものではないよと語っていたのが印象的でした。morikouさん、先年の東北観光では、ここを回りませんでしたか。遠来のお客さんには、どこも珍しいもののようですが、お好きなところを選んで観光していただきたいと思います。
検索にて「るーぷる仙台」をさがしますと、wikiとか仙台交通局の時刻などもありますので、参考にして下さい。パンフの一部を仙台幹事長より当日早朝に到着されるmorikouさんにお渡しするようにとのことなので、忘れずに持参したとい思います。新幹線の方はバスプールにて、パンフをもらってください。
詳細なルート案内を以下に示します。
c0126271_20163187.png

 また、青葉城(仙台城跡)も有名ではありますが、仙台市内を一望するだけで、たいしたものではないのです。その天守台に登る直前の「石垣」が見事なのです。歴代伊達氏の総力を結集したものです。ただしバスから眺めるだけです。震災で大きく崩れたのですが、遠来の客にここを見せない手はないと、修理を急ぎ応急処置をして5月1日より急遽、バスの通行ルートを変更したのです。進行方向左側になります。

 下に4月30日の地元新聞を掲げておきます。紹介したい内容は中央部にある遊覧船写真の「松島」にも観光客が戻ってきたという記事なのです。また左上に震災の分析記事が連日掲載されています。この日は岩手県の田老町の話で、万里の長城のごとき、コンクリートの壁が出来て、安心しきっていた住民が多く犠牲者が多かったというものです。全国的にも有名になりました。
c0126271_20285696.png


***** 5/6 予測 仙台天気予報 (追加;morikou)

c0126271_2085831.jpg


 再追
 新しい天気予報
 ・・・色の変わったところを クリックしてください。


***********
[PR]

by tettan2mc | 2013-05-03 20:28