<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

ヨハネスブルグ   :   青ちゃん思い出より

あと  試合開始まで  2時間強に なりました。
青ちゃんから  強引に 南ア 情報を 受け取りました。:
morikou


以下 青ちゃん 記

ワールドサッカー、始まりましたね。今夜のオランダ戦、期待したいこといろいろありま
 すが、 どこまでやれるか?・・のほうに思いが行ってしまいます。   


南アフリカの件、

 昔の資料を探しました。 大したものは発見出来なかったのですが、2~3点のものを
 添付することにしました。  添付資料を640*480ピクセルにおさめようと努力したの
 ですが、今回は、上手にゆきませんでした。 


うまくゆけていれば、直接にブログへ投稿 したかったのですが、そのため、morikouさんにとりあえずおくることといたしました。



  ケープタウン 記録がでてきました。1981年1月23,24,25日のスケジュールで、
 ヨハネスブルグ~ケープタウンへの旅行にいってました。出張中の週末を利用しての
 忙しい旅でしたが、思い出が深いです。計4人で、空路とバス、タクシーを利用しての
 出来事がきちんと書きとどめられていました。 morikouさんのおかげで、振り返ることが
 でき、感謝感激です。 今から29年前のことです・・・


c0126271_1914349.jpg



  ケープタウンの突端までいけたのですが、最突端であるテーブルマウンテンには、2日間
 とも、すごい強風で昇れなかったことが、克明に解説されておりました。 航海の難所で、
 1年中強風が吹き荒れるところとされているようでした。


  ”桂”という 日本料理屋があり、あわび、くれい(イセエビみたいなもの)、味噌汁、
 焼き飯をたべた事とうが懐かしく思われました。


c0126271_18182147.jpg


c0126271_1819523.jpg


 当時のヨハネスブルグは、治安も良く、危険と感じるものは無かったのですが、今は、
 すごく、治安が悪いようですね。 

 
添付資料中、車中から撮影した集落のような写真がありますが、これは、
人種差別政策による、黒人居住区を示しています。
 周囲には、鉄条網が張り巡らされておりました。 電気は供給されていなかったと聞かされておりました。

c0126271_18193997.jpg


 黒人が冷遇されているなかでの技術指導は、気持ちの良い物ではなかったのですが(イスコール製鉄所)、
人種差別が廃止されたといえども、現在のほうが、統制がとれているとはいえないようで、
当面至難の局面が 続くことでしょう。  


別紙、添付資料に、南アフリカの国について、
 概略のことを整理いたしました。 


南アフリカ について

1・古くからオランダとイギリスの支配を受け、現在の南アフリカ共和国の設立につな
がってきている。
2・喜望峰(ケープタウン)が発見されたのは、1488~1489年にかけてです。
  ⅰ・バルトロメウ・ディアス が発見し、翌年、バスコ・ダ・ガマ が到着し、その土地を
     ナタールと名ずけた(オランダ語で、クリスマスという意味)
  ⅱ・その後オランダ東インド会社がこの地に進出し、ケープタウンと名ずけオランダ
からの入植者が増加してゆくことになるのである。1652年のことである。
 ※ ダイアモンド、プラチナ、金、亜鉛 等の資源に目をつけたからである。
3・上記のごとく、オランダが積極的に進出したのであるが、やがてイギリスがおしよせ、
この地の支配をめぐって争うようになるのである。
4・その戦いは、ボーア戦争といわれており、第一次ボーア戦争は、1886年、第二次
ボーア戦争は、1899年におこっている。
        (オランダ系住民をボーア人とよんでいた)
5・この戦争では、後から入ってきたイギリス人に負け、その後の1910年に、イギリ
ス自治領南アフリカ連邦と制定され国家としての体裁を整えた。
6・以下、その後の、今日に至るまでの概略の経過を整理してみる。
  ⅰ・1913年、黒人差別化―黒人を指定居住地に移し管理
ⅱ・1948年、アパルトヘイト(人種差別)政策の制定
  ⅲ・1950年、人種差別さらに強化―白人、カラード、インド人 黒人の人種毎に 
    分離し管理 (日本人は、白人として待遇されたー国際協力の恩恵?)
  ⅳ・ネルソン・マンデラ氏 1957年に人種差別運動で逮捕される
ⅴ・1960年ごろから、人種差別にたいし、国際世論が非難・・・)
ⅵ・1990年、ネルソン・マンデラ氏、釈放される (人種差別廃止への動きの中で・・)
ⅶ・1991年、人種差別廃止
ⅷ・1994年、全人種参加による総選挙で、ネルソン・マンデラ氏 が黒人初の大統領に
  選出される。 南アフリカ共和国の 誕生である。

その後 マンデラ氏は、私の仕事は終わった・・と言いながら1999年に大統領をお
りるのであるが、ワールドサッカー大会の初日には、マンデラ氏を招待したいむねの報
道がされました。この人です。
7・現在の南アフリカは、ヨハネスブルグで毎日50件の殺人事件があると報道され、
  治安の悪さが目をひきますが、その理由は、概略次のように報道されています。
  ⅰ・人種差別が廃止され、周辺諸国から黒人が押し寄せてきている(仕事を求めて)
  ⅱ・その結果失業率がアップし、政治に不満を抱く人たちが暴徒と化し、犯罪に走っ
ている・・というものである
。 

青ちゃん どうも  ありがとう。!
あと 2時間で 始まるんで それまでに 2mc通信したいと  例によって
morikou流の コピー貼り付け させてもらいました:もし 青ちゃん これに
付記することが出ましたら  ログインから 編集で 適当に修正してくださいね。
この記事で 景気付いて オランダに 勝っちゃった!! といかんかな。
 

[PR]

by tettan2mc | 2010-06-19 18:31  

仙台だより(3)

 仙台には同級生が3人いる。不肖watari、kamaさん、そしてendさんである。次々の同級会はこの3名で行おうと考えていた。ところがendさんは体調を崩されていたのだ。知多での第一回に欠席されたので、我々2人は、endさんに、知多報告会をして、仙台同級会の了解を求めようとしたのである。

 彼は、杖をつき奥さんに伴われ痛々しい格好で現れた。旅行をするにも介護人が別につくそうなのである。年齢からして病状の回復もなかなか見込めないようだ。その時の写真である。
c0126271_1328153.jpg

 彼については、昭和38年の入学の時に、仙台出身であることを知った。仙台一高を卒業して釜石に就職したのである。如何にも東北人らしい粘りを持った人である。
 卒業して20年も過ぎた頃だったと思う。鉄鋼業界が多角化を計画。多方面の分野を手がけはじめた。ICから魚の養殖までやったのではなかろうか。S製鉄は、鉄鋼2兆円、その他2兆円という途方も無い案が新聞に載ったりした。
 しかし、間もなくして鉄鋼不況がやってきたのだと思う。釜石から高炉がなくなった。そんな時にendさんの名前を見たのである。S製鉄が買収していた電源メーカーのユタカデンキだったと思うがそこの仙台支店に出向された記事をみたのである。
 早速に電話をして、何十年ぶりかの声を聞いた。そのうち一杯をとは言っていたが、実現しなかった。
 私もそんな経験があるが、体調が悪いと元気な友より電話をもらうのもいやなものだ。

 昨夜のカメルーン戦は、奇跡に近いものがありました。アオチャン、南アフリカ旅行記があるそうですね。これを早々に打ち切って、サッカーの盛り上がっているうちに、それとチェンジして下さい。お願いいたします。

[PR]

by tettan2mc | 2010-06-15 13:54  

仙台だより(2)

 更新はまだ早いよと幹事長に言われそうですが・・・・。
 思い立ったが吉日。
 仙台というか、東北は今だ蝦夷の気風の抜けないところがあり、そんな記事も時々でます。河北新報の連載小説で「義経になった男」というのが、もう500回以上を数え、クライマックスに差し掛かり、平泉の奥州軍と頼朝の激突が始まります。
 正式な小説題名は「沙棗」(サソウ)です。義経の影である蝦夷人の名前なのです。
 作者は、岩手県在住の平谷美樹さんという人で、本来は画家になるつもりだったらしく、そのために珍しく作者と挿絵が同一人です。
 作者の創定は、奥州軍がワザト、頼朝に負けてやったということなのです。まともに戦えば負けることはなかったというのです。
 その一つ、福島県の奥大道が通る狭隘の地に、膨大な防塁を築いたんです。現在もその一部が残っております。これが破られるというのは考えにくいほどすごいものです。
 (その後に平泉政権は、方針転換をして負ける戦の方針を選んだ・・・・このあたりは少し複雑)

 昨年の今頃であるが、新聞社は作家が読者と共に、その防塁を見学する野外オフ会を企画したのである。しかし一般参加は小生(watari)一人のみで、新聞の50万読者を代表する形になり、何ともお恥ずかしいことでした。(morikou幹事長よりでしゃばりかもしれません)
 その時の取材模様が一年を過ぎて、小説がその場面にかかっている今年5月27日の記事になっているのです。
 
中央が小生です。左が作家の平谷さん。右は現地を案内してもらった福島の郷土史家です。
c0126271_13423997.jpg


 作家の住む岩手県金ヶ崎町はクニさんのところからは近い?
[PR]

by tettan2mc | 2010-06-08 13:51